検査と治療

  

スクリーニング検査

不妊の原因を調べるために問診や検査を行います。
※ 他院での検査結果は、参考にしますのでご持参ください。

検査に問題がない場合

タイミング療法へと進みます

検査に問題がある場合

必要に応じて治療を行うか人工授精 または 体外受精 へのステップアップをおすすめします。

タイミング療法

排卵時期に性交渉を行い、妊娠を計る治療法です。排卵時期は、基礎体温測定、超音波検査、ホルモン採血検査によって予測します。 ※ 排卵障害がある場合には、必要に応じて排卵誘発剤を使用します。

性交後にフーナーテスト(性交後検査)を行うことが可能です。

タイミング療法を数回試みて妊娠が成立しない場合は、ご相談の上、人工授精へのステップアップをおすすめします。

人工授精

人工授精は、女性の生殖器官(子宮・膣)に、人工的に精子を注入する方法です。人工授精には、AIH(配偶者の精子を注入する方法)とAID(非配偶者の精子を注入する方法)の2種類があり、当クリニックではAIHのみを行っています。

詳しくはこちら

人工授精を数回試みて妊娠が成立しない場合

ご相談の上、体外受精・胚移植へのステップアップをおすすめします。 ※ 体外受精の治療を受ける方は、ステップアップ教室 の受講が必要です。

ステップアップ教室

詳しくはこちら

体外受精・胚移植

体外受精とは、卵巣に針を刺して成熟した卵子を体外に採り出し(採卵)、培養室で胚培養士が受精卵を作り、育ててから(培養)、子宮に戻す(胚移植)方法です。顕微授精は、体外受精の方法の1つです。