検査と治療

  

スクリーニング検査

不妊の原因を調べるために問診や検査を行います。
※ 他院での検査結果は、参考にしますのでご持参ください。

検査に問題がない場合

タイミング療法へと進みます

検査に問題がある場合

必要に応じて治療を行うか人工授精 または 体外受精 へのステップアップをおすすめします。

タイミング療法

排卵時期に性交渉を行い、妊娠を計る治療法です。排卵時期は、基礎体温測定、超音波検査、ホルモン採血検査によって予測します。 ※ 排卵障害がある場合には、必要に応じて排卵誘発剤を使用します。

性交後にフーナーテスト(性交後検査)を行うことが可能です。

タイミング療法を数回試みて妊娠が成立しない場合は、ご相談の上、人工授精へのステップアップをおすすめします。

人工授精

人工授精は、女性の生殖器官(子宮・膣)に、人工的に精子を注入する方法です。人工授精には、AIH(配偶者の精子を注入する方法)とAID(非配偶者の精子を注入する方法)の2種類があり、当クリニックではAIHのみを行っています。

詳しくはこちら

人工授精を数回試みて妊娠が成立しない場合

ご相談の上、体外受精・胚移植へのステップアップをおすすめします。 ※ 体外受精の治療を受ける方は、ステップアップ教室 の受講が必要です。

ステップアップ教室

詳しくはこちら

体外受精・胚移植

体外受精とは、卵巣に針を刺して成熟した卵子を体外に採り出し(採卵)、培養室で胚培養士が受精卵を作り、育ててから(培養)、子宮に戻す(胚移植)方法です。顕微授精は、体外受精の方法の1つです。

精液検査の手順

不妊症の原因の約半数は、男性に原因があると言われています。精子が少なかったり、運動性が悪かったりすると妊娠が難しくなります。自覚症状があることは少ないため、精液の状態を調べることをおすすめします。

※ 女性パートナーが当クリニックに通院している方のみ予約可能です。男性の検査のみご希望の方は男性の妊活健診からお申し込みください。

予約

検査は予約制です。予約可能時間は下記を参照してください。
※ 初診日の検査をご希望の場合は、予約時にあわせて精液検査の予約をしてください。
※ 検査当日は、必ず検査を受ける方の保険証を持参してください。

予約可能時間

検体持参の場合(自宅精採)

受付時間
9:00-12:00
14:00-16:00
16:00-18:00

※ 予約件数に制限があります。

院内採精の場合

受付時間
9:00-11:00
14:00-15:00
15:00-17:30

※ 予約件数に制限があります。

検査前にお渡しする物

① 検査容器 容器内は滅菌してあります。汚染防止のため精液採取時以外は開封しないでください。
② 検査容器貼付用シール 取り違え防止のため、ご夫婦の診察券番号、氏名(漢字フルネーム)、採取時刻を必ずご記入ください。精液検査・人工授精・体外受精・精子凍結など、用途によりシールの種類が異なります。
③ 短冊型シール(1枚) ご夫婦の氏名(漢字フルネーム)をご記入ください。
初診の方 採精室ご利用の方は来院時に①~③をお渡しします。自宅採精ご希望の方はお電話にて相談ください。
通院中の方 検査前日までのご来院時に①~③をお渡しします。

禁欲期間

検査前3~5日程度、射精をしない期間を設けてください。
※ 運動率の低下などを引き起こすため、禁欲期間は1週間以内としてください。

採取

採取場所

自宅、または採精室
※ 採精室をご利用の場合は、精液検査(院内採取)で予約してください。

採取手順

正確な検査を行うため、採取手順に従い精液採取を行ってください。

  1. 射精1回分、全量を直接検査容器に入れてください。
    ※ コンドームなどから移し替えないでください。
  2. 検査容器貼付用シールに必要事項を記入し、検査容器の本体側面に貼ってください。
  3. 短冊型シール(1枚)は、ご夫婦の氏名(漢字フルネーム)を記入し、どこにも貼らず、そのまま検査容器本体と一緒に袋に入れてください。

運搬

精液は採取してから2時間以内にご持参ください。
精液を冷やしたり、温めたりしないでください。

ご不明な点は「精液検査Q&A」をご覧いただくか、スタッフにお尋ねください。

治療の流れ

問診と精液検査

治療方針の決定

検査結果を考慮し、女性パートナーの治療方針を決定します。必要に応じて泌尿器科、あるいは男性不妊専門の医療機関を紹介します。

漢方療法

当クリニックでは、エビデンスに基づき、漢方療法も取り入れています。以下のような効果が期待できます。

  • 造精機能を活発にする効果
  • 精子数を増やす効果
  • 運動率を改善する効果