[子宮・排卵因子の検査]子宮鏡検査

子宮鏡検査

子宮の中に病変や構造の異常があれば、受精卵の着床や発育が障害されて、不妊症や不育症の原因になることがあります。
従来から、子宮の中の病変の有無を検査するために超音波検査や子宮卵管造影が用いられていますが、これだけでは異常が発見できないことがあり、子宮鏡を用いて直接検査することは有力な方法です。
最近の内視鏡の進歩により、細くて屈曲する内視鏡が開発され、外来で麻酔や子宮頚管(子宮の入り口)を拡張することなく子宮腔内を容易に観察できるようになりました。

子宮鏡で診断できる疾患

  • 内膜ポリープ
  • 粘膜下筋腫
  • 子宮中隔
  • 子宮腔癒着症

合併症

  • 子宮穿孔
  • 感染症
  • 出血

治療

  • 内膜ポリープが不妊の原因(着床障害)であると予想される場合、後日当院にて切除術(日帰り手術)をおこないます。
  • 粘膜下筋腫が不妊、流産、不正出血の原因であると予想される場合、子宮鏡下筋腫切除術を行います。
    入院・手術はアルテミスウイメンズホスピタルでおこないます。
  • 子宮中隔が不妊や流産の原因であると予想される場合は、外科的な治療が必要です。
    腹腔鏡手術と子宮鏡手術を同時に行います。
    入院・手術はアルテミスウイメンズホスピタルでおこないます。

Copyright © 2015 WOMEN'S CLINIC OIZUMIGAKUEN. All Rights Reserved.