卵子・胚・精子を凍結されている方へ

凍結保存期限、お忘れではありませんか?

  • 卵子・胚凍結保存の凍結保存期限は、採卵を施行した月からの4ヶ月間です。
  • 精子凍結保存の凍結保存期限は、凍結月からの1年間です。

両者ともに、上記以降の凍結保存期間の延長に関しては当院における「卵子・胚凍結保存の同意書」「精子凍結管理の条項」に従い、1年毎に凍結保存期間延長のお手続きが可能です。
必ず、凍結保存期限内にお手続きを行ってください。
また、凍結保存期間を延長せず破棄を希望される場合にも、必ず凍結保存期限内に破棄のお手続きを行ってください。

手続きの方法

  • 延長の場合は「延長申請書(住所ご記入、署名、捺印済み)」「更新料」を当院受付にご提出下さい。
  • 破棄の場合は「破棄依頼同意書(住所ご記入、署名、捺印済み)」を当院受付にご提出下さい。

※申請書には、必ずご本人様が直筆で署名し、ご捺印をお願いします。
※ご来院でのお手続きは、当院受付時間内に行って下さい。

書類は下記よりダウンロードして頂き、ご記入をお願いします。(当院受付でもお渡しは可能です。)

凍結保存検体 更新費用(税抜)
卵子・胚 33,000
(1年毎 / 同日採卵日の検体は1セットとする)
精子 11,000
(1年毎 / 同日凍結検体は1セットとする)

注意事項

  • 当院から凍結期限に関するお知らせは一切ございませんのでご了承下さい。
  • 延長、破棄のお手続きは、来院にて行って頂いております。
    やむを得ない理由で来院が困難な場合はお電話にてご相談下さい。(03-5935-1010)
  • 受付期間の開始の規定は特にございませんが、お支払い頂いた更新料金のご返金は致しません。
  • 凍結期限を過ぎての延長、破棄のお手続き、あるいはお手続き頂けない場合には、当院規定の延滞料金が発生します。
  • 期限を6ヶ月以上経過後もお手続き頂けない場合、検体は破棄となってしまいます。
    その際も別途延滞料金は発生します。
    その場合の破棄に関する異議申し立ては一切受け付けません。
  • 凍結胚の場合、ご夫婦が離婚、あるいはどちらか一方が死亡した場合は、「卵子・胚凍結保存の同意書」に記載してある通り、凍結胚の保存更新はできません。

Copyright © 2015 WOMEN'S CLINIC OIZUMIGAKUEN. All Rights Reserved.