初診について

  • 初めての受診には紹介状は必要ですか?

    • 紹介状はなくても構いません。
      もし今まで通院していた施設があれば紹介状(医療情報提供書)があると経過や状態が分かって便利です。
      また、検査の重複を避けることができます。
  • 初診時にかかる費用は?

    • 約1万5千円から2万円前後です。
      検査内容によって異なります。
  • 前医で行った検査はもう一度行うのでしょうか?

    • 検査データをお持ちいただければ、改めて検査はしません。
      ただ、前回の検査から時間が経っているようでしたら再度検査をお勧めすることがあります。
  • 受診までに何かやっておくことはありますか?

    • もし受診までの時間が長いようでしたら、以下のことを確認しておくことをお勧めします。
      風疹、麻疹(はしか)に罹ったことがあるか?ワクチンを接種したことがあるか?そのいずれも不明でしたら近くの医療施設で抗体価を調べてもらってください。
      抗体がないか、低い場合にはワクチンを接種しておくことをお勧めします。
      これらのワクチンを接種すると2ヶ月間は避妊する必要があります。
  • 月経周期のどの時期に行けばよいですか?

    • どの時期でも結構です。
      月経中にはホルモンの状態、排卵期には排卵の様子、黄体期には内膜の様子が分かります。
      初診は予約制のため、ご希望の時期にご来院出来ないこともありますが、いつの時期でも検査はできますので、ご安心ください。
  • 初診は夫婦二人で行かなければいけませんか?

    • どちらでも結構です。
      不妊治療はご夫婦でよく話し合い納得した上で受けていただくとことが大切ですが、お仕事の都合などもあるでしょうから、お一人でお越し頂いても結構です。

検査について

  • 不妊症の検査はどのような検査を行うのでしょうか?

    • 月経中、高温相のホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影検査、精液検査、性交後試験を基本検査として行います。
      必要があれば、子宮鏡検査や抗精子抗体検査などを行います。
  • 子宮卵管造影検査と通水検査の違いはなんでしょうか?

    • 子宮卵管造影検査では造影剤を子宮頚部から注入して子宮の形態、卵管の通過性、造影剤の腹腔内の拡散状態をX線で観ます。
      通水検査は水を子宮頚部から注入して卵管の通過性を超音波検査確認します。
      診断の正確性は子宮卵管造影検査の方が高く、得られる情報も子宮卵管造影検査の方が多くなります。
      従って、当院では子宮卵管造影検査を行っています。
  • 子宮卵管造影検査で使う造影剤は水溶性ですか脂溶性ですか?

    • 当院では吸収の早い水溶性の造影剤を使っています。
      脂溶性造影剤は吸収が遅く半年たっても腹腔内に造影剤が残っていることがあります。
      これは身体によい訳がありませんね。
      特に甲状腺疾患のある方は造影剤に含まれるヨードが甲状腺の機能に影響を与えますから、脂溶性造影剤は使えません。
  • 医師の指定した日に行かれなくなりました。どうしたらよいでしょう?

    • まずは電話で連絡をしてください。
      患者さんの状況により対応が異なりますので、電話での相談となります。
  • 子宮卵管造影あるいは子宮鏡検査の予約はいつとれますか?

    • これらの検査について説明を受けた後の月経終了後に検査をしますので、月経が来たら電話で予約を入れてください。
      予約がいっぱいの場合には次の周期になることがあることをご了承ください。
  • アンチミュラリアンホルモン (AMH) 検査希望しますが、いつ検査できますか?

    • 月経中に採血を行いますので、月経が来たら予約の電話を入れてください。
  • 子宮内膜症は超音波検査で分かりますか?

    • 子宮内膜症は超音波検査では分かりません。
      診断は腹腔鏡検査によってなされます。
      ただ、チョコレート嚢胞は超音波検査でかなり小さい物(直径1cm)まで見つけることができます。

治療について

  • タイミング指導は何回くらい行いますか?

    • 患者さんの今までの経過、年齢や卵巣予備能力にもよります。
      一般的には35歳未満の方で半年ほど排卵の辺りにタイミングをとっていただき妊娠を計ります。
      35歳以上の方では3-4周期タイミング指導をとっていただきます。
      不妊の原因となるような子宮筋腫、卵管閉塞などが見つかればその治療を優先します。
  • 人工授精は何回くらい行いますか?

    • やはり患者さんの経過、年齢や卵巣予備能力にもよります。
      35歳未満の方では5-6回行い妊娠を計ります。
      35歳以上の方では3-4回、40歳以上の方では2-3回でステップアップします。
  • 人工授精の妊娠率はどのくらいですか?

    • 自然排卵周期の人工授精では1回当たりの妊娠率は10%弱です。
      あまり高いものではありません。
      人工授精では補えないような不妊原因があるのでしょうね。
      例えば排卵された卵子のピックアップ障害や卵子の質の問題などが考えられます。
      従って、いつまでも人工授精を続けることは得策ではありません。
  • 不妊原因が特にないのに何故妊娠しないのでしょうか?

    • 原因が分からない不妊の方にも原因はあります。
      卵子のピックアップ障害、卵子の質、受精障害、胚発育の障害、卵管の機能障害(胚を子宮まで運べない)、子宮内膜側の問題による着床不全など。
      詳しくは医師とご相談ください。
  • 体外受精の妊娠率は、どのくらいですか?

    • 妊娠率は年齢、排卵誘発法により変わってきます。
      全国における体外受精胚移植の妊娠率は高齢になるほど低くなる傾向にあります。
      当院の成績はこちら。
      その他については当院へご来院の際にお尋ねください。
  • 初めての体外受精で不安があるのですが、詳しく説明していただけますか?

    • 体外受精の説明は2時間を要します。
      そこで当院では月に1度「Step Up教室」を開催しております。
      そこでは「原因不明不妊について」および「体外受精について」約2時間かけて説明します。
      初診の方でもご夫婦で受講できます。
      ホームページに日時が逐一掲載されます。
      受付でご予約ください。
  • 体外受精では卵巣刺激は行っていますか?

    • 当院では卵巣の予備能力、年齢、患者さんの希望を考慮して卵巣刺激方法を決めています。
      当院では調節卵巣刺激(アンタゴニスト法、ショート法、ロング法)、簡易卵巣刺激(クロミフェン内服、クロミフェン内服と少量の注射を併用)、および自然周期を行っています。
  • 重度の男性不妊でも体外受精はできますか?

    • 顕微授精を施行していきます。
      無精子症の方で精巣生検が必要と考えられる方は泌尿器科を紹介させていただき、そこで手術を施行、精子が獲得できたら凍結して保存します。
      後日それを移送して、奥様の採卵を行い、顕微授精を行います。
  • 採卵の際の麻酔は?

    • 局所麻酔と静脈麻酔の2通りがあります。
      育った卵胞の数が3個まででしたら局所麻酔を、それ以上の卵胞の数でしたら静脈麻酔で寝ていただくことを基本としています。
      勿論、希望があれば少ない卵胞数でも静脈麻酔で採卵することもできます。
  • 採卵後は安静が必要ですか?

    • 局所麻酔の方は問題がなければ採卵後直ぐに歩けます。
      静脈麻酔をされた方は、朝採卵して昼頃に退院になります。
      採卵した数が多かった方では卵巣過剰刺激症候群のリスクがあるので数日間は安静を保っていただきます。
  • 新鮮胚移植と凍結融解胚移植ではどちらがよいでしょうか?

    • 日本の体外受精による出生数の統計では約7割が凍結融解胚移植、3割が新鮮胚移植による妊娠です。
      なぜ凍結融解胚の方が多くなるのには理由があります。
      一つは低刺激周期の採卵では子宮内膜が薄くなることが多いこと。
      調節卵巣刺激周期では卵巣でホルモンが大量に産生されるために子宮内膜の状態が反って悪くなることなどがいわれています。
  • 子宮筋腫があったら手術が必要でしょうか?

    • 子宮筋腫により腹痛や過多月経などの症状がある。
      あるいは子宮筋腫が不妊や流産の原因となるようでしたら手術をお勧めしていますが、そうでなければ妊娠を計ることを優先します。
  • 超音波検査で子宮内膜ポリープがあると言われました、どうしたらよいでしょうか?

    • かなり小さな腫瘤まで超音波検査で見つけることができますが、子宮鏡検査で診断します。
      不妊の原因になるようでしたら手術を行います。
      手術は子宮内容清掃術か子宮鏡下ポリープ切除術になります。
  • 子宮内膜症があったら手術が必要でしょうか?

    • 子宮内膜症が不妊や流産の原因となるようでしたら手術をお勧めしていますが、そうでなければ妊娠を計ることを優先します。
      チョコレート嚢胞がある方ではサイズが5cmを超える場合には手術を考慮します。
      但し,チョコレート嚢腫を摘出すると、どうしても卵巣の予備能力が下がってしまうのでお一人お一人のこれまでの経過を考慮して判断します。
      チョコレート嚢胞はないが、子宮卵管造影検査で卵管が閉塞している、あるいは卵管の周囲に癒着がありそうであるなど、不妊の原因となるようでしたら腹腔鏡手術を行います。
  • 人工授精(子宮内精子注入法)を希望します。いつ受診したらよいですか?

    • あなたの排卵の時期にもよりますが、排卵の少し前に受診いただき超音波検査で卵胞サイズを測定したり、尿検査でLHサージの有無を調べて人工授精の日を決めていきます。
      従って、通常排卵が月経周期の14日目にある方は月経周期の11日目か13日目に受診いただくといいでしょう。
      また、受診の翌日が休みの場合には一日前倒しにして、休みの2日前においでください。
  • 人工授精(子宮内精子注入法)の前日に性交渉をもってもよいのでしょうか?

    • 問題ありません。
      ただ、男性によっては頻繁の射精で精液所見が悪くなってしまう方(精子数がへってしまう)がおられますので、以前そのようなことが認められた方は2-3日の禁欲後に人工授精をした方がよいでしょう。
  • クラミジア感染で薬を内服しましたが、再検査はいつしたらよいでしょうか?夫の検査は必要でしょうか?

    • 子宮頸管の擦過でクラミジアが陽性と分かり治療した場合には内服後1月経過したら再検査します。
      血液検査でクラミジア抗体が陽性と判明して治療した場合には再検査はいたしません。
      抗体価の推移ではクラミジアが退治できたのか否かは判定できないといわれているからです。
      多くは1回の治療で治るようです。
      当院ではご主人の検査の如何に関わらずご夫婦で治療してもらいますので、検査を敢えてしてもらっていません。
      ご主人の検査を希望される方は泌尿器科を受診してください。

不妊治療中に“コレ”はやってもよい??

  • 歯の治療を行ってもよいですか?

    • 行っていただいて結構です。
      ただし、高温相の中期以降はもし妊娠が成立しているとお薬の影響を受けやすい時期なので出来れば避けるか、歯科医師に妊娠の可能性があることを伝えた上で治療を行いましょう。
  • インフルエンザのワクチンを打ってもいいですか?

    • いつでも可能です。
  • 健康診断や人間ドックは受けても大丈夫ですか?

    • 受けていただいて構いません。
      ただし、高温相の時期はご妊娠の可能性があるので検診の担当医師にその旨を伝えてください。
      (レントゲンは腹部遮蔽。造影検査は中止になることがあります。)
  • 風邪を引いたのですが、薬を飲んでもいいですか?

    • 月経中から高温相初期までは飲んでいただいて構いません。
      高温相中期以降に飲む場合は、妊娠の可能性がある事を内科担当医師に伝えた上でお薬を処方してもらいましょう。
  • 主人が風邪薬を飲んでいるのですが、性交をとってもいいですか?

    • 風邪薬の場合は性交をとっていただいて構いません。
      お薬の中には妊娠に影響するものもあるので、常時服用されている薬がある場合は必ず当クリニックの医師に薬品名をお伝えください。

治療や検査の後に・・・

  • もうすぐ排卵と言われましたが、基礎体温が全然高温相になりません。
    どうしたらいいですか?

    • 一度ご来院していただきエコーで確認する必要があります。
      場合によっては採血を行うことがあります。
      どうしても来院できない場合には、可能であれば高温相になるまで性交を隔日でお取りください。
  • 人工授精、卵管造影検査のあとに少量の出血があります。
    腹痛や熱はないのですが大丈夫ですか?

    • 少量の出血は数日続くことがあります。
      少量の出血であれば様子を見てください。
      月経2日目程度の出血量になったり、動けないような腹痛や37.5℃以上の発熱がある場合にはご連絡ください。
  • 人工授精の後、気をつけることはありますか?

    • 出血があるうちは、性交や湯船に浸かることは避けましょう。
      性交は出血が収まれば、人工授精の翌日から可能です。
      日常生活はいつも通りで構いません。
      体調が悪くなければ、運動に関しての制限はありません。
  • 卵管造影検査の後、気をつけることはありますか?

    • 少量の出血が数日続くことがあります。
      少量の出血であれば様子を見てください。
      出血量が増えたり、腹痛や発熱がある場合はご連絡ください。
      体調が悪くなければ、飲酒・運動に関しての制限はありません。
  • 子宮卵管造影あるいは子宮鏡検査の後少量ですが出血が続きます。性交渉を取ってよいでしょうか?受診した方がよいでしょうか?

    • 検査の後は3-4日程出血があるのは問題ありません。
      出血がある間は感染を起こすことがあるので性交渉は控えた方がよいでしょう。
      出血が1週間経っても減らない場合や、発熱、腹痛がある場合には感染の可能性がありますので受診してください。
  • 胚移植後の安静は必要でしょうか?

    • 当院で移植後に安静を取った群と取らなかった群で比較したところ妊娠率に差は認められませんでした。
      海外では安静を取らない方が妊娠率は高かったという報告もあります。
      従って、当院では移植後に安静は取っていません。
  • 胚移植後の生活は?

    • 生活は通常通りで構いません。
      移植後に病気になり、お薬を飲む必要が出た場合には医師にご相談ください。
      基本的に移植後の鎮痛剤の使用は控えてください。

処方されたお薬について

  • 胚移植後、妊娠判定日より前に少量の出血がありましたが、処方された薬はどうしたらいいですか?

    • 妊娠初期の少量の出血が起こることも多いです。
      処方された薬は、必ず妊娠判定日まで続けてください。
  • 卵胞チェックの来院が不可能ですが、排卵誘発剤を内服してもいいですか?

    • 多胎の可能性があるので、排卵誘発剤の服用後は必ず卵胞チェックが必要になります。
      来院不可能な場合には、内服せずに来院できる周期に内服してください。
      ただし、内服しないと排卵が起こらない方などは医師にご確認ください。
  • 性交がとれませんでしたが、高温相の薬(プロゲステトン・デュファストンなど)は飲むのでしょうか?

    • 性交がとれなかったら、内服しなくて構いません。
      次周期まで内服せず、お薬は保管しておいてください。
  • 黄体ホルモン(プロゲステトン・デュファストンなど)を高温相2日目から飲んでくださいと言われました。
    いつから飲めばいいかわかりません。

    • 基礎体温が上昇し2日以上高温が継続した事を確認して飲み始めましょう。
      高温相か判断できない場合は次周期まで内服せず、お薬を保管しておいてください。
      (いつも高温相になるのがわからない方は診察時に医師にご相談ください。内服開始日を予めお伝えすることも可能です。)
  • 薬を飲み忘れたのですがどうしたらよいでしょう?

    • 飲み忘れた薬によりますから、一概にはお答えできません。
      抗生物質については気づいた時に内服して、以降指示通りに内服を続けてください。
      ホルモン剤についても同様ですが、例外もありますので診療時間に電話でお問い合わせください。
      時間外にアルテミス ウイメンズ ホスピタルに電話をしてもお答えできないと思います。
      例外として、胚移植の為の黄体ホルモン剤を指定された日時にスタートすることを失念した場合、診療時間内であれば電話で連絡してください。
      診療時間外であれば、服用を指示されたその日に気づいたのでしたら、直ぐに内服あるいは挿入していただき、以降指示通りに使用してください。その際も翌日に連絡ください。
      体外受精で採卵の為のブセレキュアの点鼻(夜の11時に最初の点鼻を行うことが多いです)を忘れた場合、夜中の2時くらいまででしたら直ちに点鼻を行ってください。
      それ以降に気づいた場合は点鼻を行わず翌朝連絡してください。
      当院が休みで連絡できない場合にはアルテミス ウイメンズ ホスピタルに連絡をして、ウイメンズ・クリニック大泉学園の医師と連絡を取っていただくようにお話ください。
      場合によっては予定していた採卵が一日遅れるか、キャンセルになる場合があります。

その他

  • 月経の始まりの日がわからないのですが。

    • 基礎体温が下がり、出血量が増えたところを一日目としてください。
      多少の前後は構いません。
      必要時は採血によって月経周期を確認します。
  • 市販の妊娠判定薬で陽性(+)反応がでました。
    どうしたらいいですか?

    • まずはお電話いただき、いつ妊娠反応が出たのかを教えてください。
      予約をお取りします。
  • 人工授精、体外受精を考えているのですが、どうしたらいいですか?

    • 次回診察の際に、医師にお伝えください。
      ただし、体外受精の場合にはSTEP UP教室を受講していただかなければ治療に進めませんので、早めに医師にお伝えください。
  • 月経がきたかな?と思ったのですが出血が少量です。深夜から出血しました、いつが月経一日目と考えたらよいでしょうか?

    • 基礎体温で体温が下がった日を第一日目とします。
      深夜に出血した場合、その朝の基礎体温と前日の基礎体温を観て総合的に判断します。
      ただ、このような微妙な場合には月経の始まりをいつにするのかはあまりこだわらなくてもよいと思います。
      印象で決めてくださってよいでしょう。

妊娠中の方向け

  • 妊娠中のインフルエンザワクチンの接種は可能ですか?

    • 妊娠中の方は、インフルエンザ感染症に関しては感染しやすく、さらに重症化しやすい身体状況にあると考えられるので、積極的なワクチン接種が世界的に推奨されています。
      インフルエンザワクチンは不活化ワクチンですので、重篤な副作用は起こらないと考えられ、一般的に妊娠中のすべての時期において安全であるとされています。
      ※当院ではインフルエンザのワクチン接種は受け付けておりません。
      お近くの内科にご相談ください。
  • 妊娠中にワクチン接種は可能ですか?

    • 生ワクチンは原則として接種できません。
      ワクチンウイルスが胎児へ移行する可能性が危惧されるためです。
      【麻疹・風疹混合(MR)、麻疹(はしか)、風疹、おたふく風邪、ポリオ、BCG、水痘など】

      不活化ワクチンの接種は有効性がその危険性を上回ると判断された場合に可能です。
      【DPT/PT、日本脳炎、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、破傷風トキソイド、ジフテリアトキソイド、狂犬病、コレラ、肺炎球菌、ワイル病秋やみ】

  • 妊娠中のお薬の服用について聞きたいのですが。

    • 「妊娠していると分からずに薬を飲んでしまったけど大丈夫?」「持病で薬を飲んでいるけど、このまま妊娠して赤ちゃんに影響あるかしら?」そんな疑問をお持ちの方へ『妊娠と薬情報センター』という情報機関があります。
      このセンターは上記のような質問にお答えする為に、厚生労働省の事業として「国立成育センター」内に設置されました。
      お気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

Copyright © 2015 WOMEN'S CLINIC OIZUMIGAKUEN. All Rights Reserved.